【メルマガ限定プレゼント】アドセンス審査を超スピード通過した実際のブログを限定公開!

【徹底比較】専用・共用サーバーの違いやメリットデメリットを解説

pc

ホームページやブログを解説する際にまず準備しなくてはならないものはサーバーです。

サーバーとはウェブサイト上の「土地」のようなイメージです。

ブログを家と例えるならまずは土地、すなわちサーバーがないと始まりません。

これについてはレンタルすることで簡単に解決することができ、実際多くの方がレンタルサーバーを利用しています。

レンタルサーバーには大きく分けて「共用サーバー」「専用サーバー」の2種類があります。

って言われても一体どんな違いがあるのかわからずに悩んでしまいますよね!

今回は専用サーバーと共用サーバーの違いやメリットとデメリットを比較して、サーバーレンタル時の参考にしていただければと思います。

これを読んでいただければ皆さんもサーバーについて理解が深まり、どんなレンタルサーバーにすればいいか判断できるようになると思いますので、どうぞ最後までご覧くださいね!

専用サーバーと共用サーバーの違い

「専用サーバー」とは、契約者一人だけでスペースを使用できるのに対し、「共用サーバー」はその名の通り一つのサーバーを何人かで共有する形をいいます。

一戸建てかシェアハウスかというイメージがわかりやすいですね。

  • 一つのスペースを1人で利用できる専用サーバー
  • 一つのスペースを何人かでシェアする共用サーバー

さぁ、どんなメリットとデメリットが想像できますか?詳しく見ていきましょう。

共用サーバーのメリット

共用サーバーは一つのサーバーを何人かでシェアする形なので、レンタル費用が安いです。

ランニングコストを大きく抑えることができることが最大のメリットでしょう。

さらに、共用サーバーは申し込みから実際に使用できるまでの時間が早いものが多いのも利点です。

気軽にブログを始めてみようかなという方は、値段も手ごろな共用サーバーで充分だと思います!

共用サーバーのデメリット

共用サーバーには注意すべきデメリットがあるのでよくみていきましょう!

同じ共用サーバーに入っている他のWebサイトの影響を受けてしまう可能性がある

例えば大量のアクセスが集中しているブロガーが同じ共有サーバー内にいると、自分のスペースがとても狭くなってしまいユーザーが入りきらず、関係のない自分にまでアクセス制限がかかってしまうことがあります。

悪い場合、自分のサイトへ正常にアクセスできないケースなども発生します。

もしもトレンドブログなどで、ビジネス運営しているブログであれば利益損失は死活問題です。

さらには悪質なユーザー(スパムメールやウイルスをばら撒いている者)が共用サーバー内にいると、サーバー全体がブラックリストに登録されてしまうケースもあります。

顔の見えない同居人のせいで連帯責任を負わされるというなんとも腑に落ちないもらい事故もあり得ます。

②自由度が低い

共用サーバーの利用者にはサーバの管理権限が与えられていないのでサーバーの設定や利用できるソフトウェアに制限があります。

シェアハウスを勝手にいじくったりリフォームしたら怒られてしまうのと同じことです。

もし自分の使いやすいようにカスタマイズしたいのであれば、専用サーバーにした方がいいでしょう。

ビジネスでのブログ開設を検討している方は共用サーバーはあまりおすすめできません。

専用サーバーのメリット

専用サーバーのメリットは何と言っても、共用サーバーのように他人の影響を受けないことです。

スペース、ネット回線を独占使用できるため、より安全・安定的にサイトを運用することができます。

また専用サーバーは契約者に管理権限があるため、サイトの必要に応じてソフトウェアのインストールや設定の変更が行えます。

他人の影響を受けない安定したサイト運営を行うには、専用サーバーは必須と言えるでしょう。

専用サーバーのデメリットはない?

専用サーバーのデメリットは専門知識が必要だったこと、なんと言っても高額なのが専用サーバーのデメリット“でした”

しかし今は専用サーバーでも安く、操作も簡単で高スペックを持つものが主流になっています。

そのサーバーが「wpx speed」です。

ちなみに月額1200円で専用サーバーがレンタルできて、サポートも充実しており初心者の方でも利用が容易です。

しかも契約してから15分ほどで利用可能になるので、もはや専用サーバーのデメリットは克服したと言っても過言ではありません。

そう言った理由で、僕はレンタルサーバーは初心者であろうとなかろうと専用サーバーのwpx speedをおすすめしています。(→【おすすめサーバー】wpx speedで契約する方法を動画で解説

では専用サーバー、共用サーバーそれぞれの特徴をまとめておきましたので比較検討してみましょう!

専用サーバー共用サーバー
形態一つのサーバーを1人で使用一つのサーバーを複数人で使用
料金(月額)安いモノはある(wpxなど)安い
スペック
自由度×
他人からの影響受けない受ける
管理契約者提供元
専門知識不要不要
操作性

僕個人的な意見としては、初心者の方でもwpx speedのような安価な専用サーバーでブログを開設してもいいんじゃないかな?と思っています。

まとめ

専用サーバーと共用サーバーを比較をしてみました。

  • トレンドブログのような多くのアクセスを集めるブログを開設したいなら絶対に専用サーバーがおすすめ
  • そこまで気にせず、気軽にブログをやりたいと思う方は、安価な共用サーバーでも充分

ビジネスではないのに無駄にコストの高いサーバーや、がっつりアフィリエイトで稼ぎたい人が安価な共用サーバーを選んだりしないように、自分の目的に沿ったサーバー選びを心がけましょう。

僕は現在二児の父。

自宅のPC1台で仕事をしています。

今でこそ自由気ままな生活を送っていますが、昔からそうだったわけで当然ありません。高校卒業後は音楽活動に明け暮れ、夢に敗れ、就職に10年以上出遅れた僕は周りの友人と収入を比べては凹みまくっていました。

後悔と苦悩に苛まれていた僕が、そんな現状をブログで大胆に跳ね返すことができました。

3ヶ月で33万円を叩き出した方法はコチラです。

ぜひ覗いてみてください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。