【メルマガ限定プレゼント】アドセンス審査を超スピード通過した実際のブログを限定公開!

【超有料級】ブログ超初心者向けにガンガン稼げるアドセンス広告の適切な位置を教えます。

googleパソコン

今回は超有料級!ブログ超初心者向けにガンガン稼げるアドセンス広告の適切な位置ということでお話していきます。

「どこにアドセンス広告を貼ればクリックしてもらえるか、収益を伸ばすことができるのか」というポイントを解説していきます。

  • いざやるとなるとどこに貼ってええもんかかれへんなー
  • いくつ貼ってもええんやろか
  • 収益が今ひとつやなー貼る位置がよくないんやろか

と、お悩みの方へ、すべての疑問にお答えしますね!

ここまでが序文です。まずはこの下に1枚目の広告を貼ります。

【動画】ガンガン稼げるアドセンス広告の適切な位置を教えます。

アクセスばかりあっても意味はない!

僕はブログ開設3ヶ月で月収33万円をアドセンス広告だけで達成して、その後も安定的に収益を伸ばして最高月収56万円を達成しました。

このとき、もちろんアクセス数がたくさんあったことも否定はしませんが、

結局、どれだけアクセス数があったとしてもクリックされなければ全く意味がないわけです。

いかに広告をクリックしてもらえる場所に貼れるかによって、ブログの収益というのは事実、かなり変わってくるものです。

僕の場合この広告クリック率というのがめちゃくちゃ良かったというのがあるんですよね。

クリック率とは

クリック率は以下の計算式で出します。

クリック数 ÷ PV(ページビュー) × 100 = クリック率

一般的にアドセンス広告のクリック率は1〜2%くらい、すなわち100人に1人がクリック、よくて2人と言われていますが、
僕の場合は「100人に5人」というデータが出ています。

何も考えずに貼ってるよりも、5倍ですよ?

クリックされる金額が5倍になるってことは、収益も5倍になっていきます。

同じアクセスでも収益が倍以上変わってくるってことです。

ガンガン稼げるアドセンス広告の適切な位置とは?

たとえば下のような構成で1000文字程度の少ない文字数の記事でも広告は3つ入れます。

まず王道の位置が2箇所あるのでお話します。

序文と見出し①の間に一つ広告を入れます。

その次にまとめの文が終わった記事下に貼ります。

この時必ず、関連記事の上に広告が来るようにしましょう。

理由は広告を見られる前に他の記事に飛んでしまうからです。

これは王道の位置で、アドセンスに関するどんな記事を読んでもだいたい書いていますね。

次に記事中の広告位置についてお話します。

ここから有料級です。

例では1000文字程度のケースなんですが、まとめの前に貼っていますね。

これどんな位置なのかと言うと、「ユーザーが離脱すると想定される位置」なんですね。

ユーザーの気持ちになって考えてみましょう。

読者はまず、タイトルを見てクリックします。

そこであなたの書いた記事を読んで、コンテンツに納得がいけばページから離脱していきます。

満たされて離脱…結論ここが広告をクリックしてくれるタイミングなんです。

アドセンス広告は、ユーザーに合わせて広告が表示されるので当然興味をそそるものではあります。

ただしユーザーとしては検索欲を満たされた時点でやっと「じゃあ広告でも見てやろうか」という気持ちになります。

例では1000文字の記事を想定しているので、まとめ前くらいになりますよね。

逆にココまで読んでもらえないのって貼る位置うんぬんよりは記事に問題があります。

例えば3000文字くらいの長文記事を書いていたとしたら、読者全員が最後まであなたの文章を読み切るということは正直難しいでしょう。

客観的にみて、「ココで離脱しそうだな」というポイントを見極める必要があります。

そんなんどうするん?

一番いい方法は、はやめに読者の欲しいモノを提供してあげること。

まず結論から言うくらいでもいいですよ!

そうすれば、そこで一旦ユーザーの検索欲は満たされるので、ここで広告を配置しておきす。

具体的に言うと、例えばこのyoutubeタイトルとおなじ「ガンガン稼げるアドセンス広告の適切な位置」という記事があったとします。

実際にこれで検索して記事を見た人が、離脱するポイントは「アドセンス広告の適切な位置」を理解した部分です。

ココがユーザーが離脱するかもしれないポイントです。
この下に広告を貼っておきましょう

広告を貼るにあたっての注意点

現在アドセンス広告は記事内に何枚貼ってもオーケーですが、多いほどいいというわけではありません。

やたらめったら広告を貼り付けると、どうしても購買意欲の低い人や、そんなつもりがない人が間違えてクリックしてしまいます。

広告主の気持ちを考えると、クリックしてもらうだけでなく、成約、または申込などをしてもらいたいはずですよね。

買うつもりがない人にいっぱい来てもらっても嬉しくありません。

もし自分が社長ならそんな記事に自社の大切な広告を載せてほしくないと思います。

広告収入の計算の仕方は

PV×クリック率×広告単価

仮に誤クリックでたくさんのクリック数稼いだとしても

こういった記事はアドセンス広告の単価が落とされるのがオチです。

広告を貼りまくるとユーザビリティも落ちてgoogleから評価を落とされる可能性もあるし、やたらめったら貼りまくるのは本当に良くないです。

つまんないと思って離脱したユーザーは他サイトで探し続けるため、自分の記事の広告はクリックしないと思ってください。
そうなるとやはり質の良い記事を書くことが大事になってきますよね!

まとめ

【超有料級】ブログ超初心者向けにガンガン稼げるアドセンス広告の適切な位置を教えますということでお話してきました。

まず王道の場所②箇所、一枚目は序文と見出しの間、②枚めは記事の下、この時関連記事の上に配置するってことですね。

そして、3つ目は「読者が離脱しそうなところに貼る」でしたね。

クリック率のお話はしましたけども、サイトのジャンルとか取り扱う内容によって個人差出るものです。

さらにいうと、この記事は広告クリックされてるのに、この記事はされてないとかっていうのも普通に起こることです。

毎日数字も動いていくものなので、

まずはいまお話したポイントをしっかり抑えてもらって、1ヶ月くらいデータを取って長期的に見るのが一番いい方法だと思います。

というわけで今回の動画を終わりたいと思います。

最後にヨシミはメルマガをやっておりまして、ふだんyoutubeでは語れないような濃い情報も無料で配信しております。

概要欄から登録できるようになってますので、ブログで稼ぐためにもっと詳しい情報欲しい人はメルマガの登録をぜひお願い致します!

僕は現在二児の父。

自宅のPC1台で仕事をしています。

今でこそ自由気ままな生活を送っていますが、昔からそうだったわけで当然ありません。高校卒業後は音楽活動に明け暮れ、夢に敗れ、就職に10年以上出遅れた僕は周りの友人と収入を比べては凹みまくっていました。

後悔と苦悩に苛まれていた僕が、そんな現状をブログで大胆に跳ね返すことができました。

3ヶ月で33万円を叩き出した方法はコチラです。

ぜひ覗いてみてください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。